じみ弁当

毎日のお弁当に、少しでも張り合いを持てたらと思い、記録を残すことにしました。

祭りから地獄へ

5月5日の弁当

サンドイッチ2種

ハム・キュウリ

炒り卵




5月6日の弁当

鶏の唐揚げ

くるくる卵焼き

ヒジキ

ニンジンサラダ

プチトマト🍅





あれからも続いていた、マドレーヌ祭り。


ある時は、よく焼けて色黒になってしまい、


またある時は、ぽっこり出べそにならず失敗したりと、色々ありました。


でも、いい感じに焼ける温度と時間がわかりました。


オーブンも、それぞれにクセがあるんですよね。


うちは、170℃、16分が一番よさげです。


焼いた回数は覚えていないけど、いつのまにか、祭りが地獄に変わってました。(*≧∀≦*)


レシピも色々と試して、良かったもの、イマイチだったもの、色々とありました。


栄えある一位に輝いたのは、


小林かなえさんの「マドレーヌを焼きにパリへ」からのレシピ


パリで修行されただけあって、本当に美味しい。


本場の味は最高です。


ハチミツの味もよく出ていますよ。



第二位は、マリコ・デュプレシさん「フランスのママンの焼き菓子レシピ」から


こちらも、本場の味。


パリでカフェを営んでる方です。


小麦粉、砂糖、バターが、1:1:1のカトルカールです。



第三位は、柴川日出子さん「どこにもない卵1個のスイーツレシピ」から


こちらはハチミツを使わないレシピ。


素朴な味わいが美味しいですが・・・、


生地が、私の持っているマドレーヌの型では、1個分足りない!というオチがありました。(;´д`)



さて、次の祭りは何がいいかな?